読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポリ画報通信

「ポリ画報」の活動、関連情報、ノート

ポリ画報の展覧会はあと二日です!

制作ノート 雑感

新スペースTABULAE(タブラエ)における

ポリ画報vol.4(としての展示)

Fools rush in where angels fear to tread.

(しらないくせして)

とてもポテンシャルの高いものになっています。

ここに立ち会っていただけたらたいへんうれしいです。

 

TABULAEは手作りで改装されたところで、そこに

いかに展示できるか緊張しました。

古い木造家屋には建物の記憶・家の記憶のような

ものがあり、しかもここは現在住居でもあります。

場所力が強いですが、たんにそこに依拠するのでない

関係性と作品自律性と両立のある展示にできました。

作品それぞれは、それぞれ異なる空間としてありますが、

誌面をみるように壁面や室内の配置をみれば、異なる

空間が同居している同居の仕方が感じられると思います。

 

本展は建物を本にするというねらいがありますが、しかし

建築=本ということは何でしょうか。

広い意味であるいは本当の意味で、読むということだと

思います。

読むという経験は、目で文字を認識するというだけでなく、

身体でそれを経験し、いわば魂の変成というか新生に

関わります。

本展に美術や文学といったジャンル分けはありませんし、

絵でもアニメでもそうです。言葉はイメージをともない

イメージは言葉に裏打ちされています。

かつてP.ピカソは「私はさがさない、私はみつける」と

(いう意味のことを)いったそうです。

読むという経験は、ここでいう「みつける」ということと関係

あると思います。

本展は読み方がいろいろある本ですが、みつける予感

みつける徴候を読むことができるはずです。

 

本展の会期は、今日と明日のみになりました。

13時から20時まであけています。

外島・原によるパフォーマンスは、本日24日の19時から

あと一回だけです。

 

時間をかけてみていただける展覧会です。

みなさまぜひおいでください!

 

(原牧生)